dotFes 2012 仙台レポート(その2)

こんにちは。クスールの松村です。
dotFes 2012 仙台レポート2回目です。

今日は毎年おなじみのインスタレーション展示を紹介します。

———————
まずは入り口付近に人だかりを作っていたのはワン・トゥー・テン・デザインさんの「ミライセンシ」。
西武園ゆうえんちで実際に展示されているシステムと同じものを仙台まで持ち込んでくれました。

———————
その横で少し気持ち悪い写真が映し出されていたのはココノヱさんの「スゴいジャンケン」
じゃんけんで出した手をキネクトが判別し、映し出された画面で自分の分身が戦ってくれます。
自分の顔も自動で認識して映し出されるというすごい技術を駆使しています。

———————
サイバーエージェントさんは昨年出展してくれたピグファイターの第二弾「PiggFighter2.0」を出展してくれました。
キネクトでの動体検知する仕組みがかなり精巧に作られています。

———————
仙台からの出展はひとりFabLab 代表の渡辺さん。
CIS ( 中二病・インターフェース・システム )というインスタレーションを展示してくれました。
中二病にありがちな、手をかざすとそこが光って何かが起こるという妄想を実現したシステムです。
実際には仙台の町並みを再現した模型に手をかざすと、そこのエリアの情報がプロジェクターに映し出されます。

———————
1PACさんとDNPさんの新コラボレート作品は「dotFace」といいます。
iPhoneが天井からつり下げられており、それを振ると音とともに下に映し出されている映像が反応します。
使わなくなった古いiPhoneを再利用しようという意図も含まれているようです。

———————
WOWさんはアプリを数点展示してくれました。
VisuaMusioはタイムライン上にいろんな形を配置して音楽を奏でるアプリです。
会場にいた子供が夢中になって遊んでいました。
その他、近々公開のアプリなど、数点を展示していました。

———————
クスールの受講生卒業生グループ「LAB部」はキネクトを使って縄跳びをするシステム「JUMP!」を展示していました。
Google Earthの画像を床に投影し、縄跳びを成功させて世界を駆け巡るというゲームです。

———————
クスールたき工房はモバイルとPCをつなぐコンテンツ「SKY」を展示しました。
スマートフォンで選択した紙飛行機をなげると、遠く離れた画面にその飛行機が移動します。

———————
レポートを書いてみて改めて気づいたのですが、いつもより小さな会場だったのですが、
多くの人たちに参加してくださり、いつもと同等かそれ以上に充実した内容のイベントができたと思います。

来年はどこで開催するかまだ決まっておりませんが、
来場者も出展者もどちらも楽しく参加できるイベントを目指していきますので、
来年もよろしくお願いします!

次回発売のWeb Designing誌にも今回のdotFesのレポートを掲載予定です。

dotFes 2012 仙台レポート(その1)

こんにちは。クスールの松村です。
dotFes 2012 仙台が無事終わりました。
東北の方々、関西や東京から駆けつけてくれた方々、
この日のためにわざわざ遠方からお越しいただきありがとうございました!

今回は仙台にある専門学校デジタルアーツさんで行われました。

———————
セッション1つ目は「イケてるHTML5サイトを簡単・スピーディーに制作するためのたった5つの冴えたやり方 : Adobe の新・定番ツールご紹介」
登壇はアドビの太田さん。

HTMLベースでFlashのように簡単にアニメーションが作成できるツールAdobe Edge Animate(http://html.adobe.com/jp/edge/animate/)を中心にAdobeの新しいツールを紹介してくれました。

———————
セッション2つ目は「DeNA流 UXから考えるスマートフォンUIの作り方」
登壇はDeNA坪田さん。

UXの話を中心に、DeNAさんで行われているプロジェクトの進め方、開発の手法などを教えていただきました。

———————
セッション3つ目は「HTML5がIE10/Windows 8にもたらすもの」
登壇は日本マイクロソフト春日井さん。

Windows8販売を目前に控えており、会場ではWindow8のタブレットを触る事ができたので、人だかりができていました。

僕も作成中のWindows8アプリのサンプルを少し紹介させていただきました。

———————
セッション4つ目は「MADE IN TOHOKUクリエイティブの可能性」
登壇はWOW長崎さん、アカオニデザイン小板橋さん、Concept Conception*小野さん。この3人のトークショーで、モデレータはワンパクの阿部さん。

東北のクリエイティブというタイトルでしたが、結局はどこにいても変わらない物をつくることが重要というような結論になりました。
みなさんの東北に対する意識が少しずつ違っており、なかなか面白い話が聞けました。

———————
最後のセッションは「インスタレーションを仕事にする」
登壇はワン・トゥー・テン・デザインの長井さんとココノヱの宗さん。

プレゼンテーションの画面両脇に長井さんと宗さんのアイコンがあり、スマホから彼らの応援ボタンを押すと座布団が増えます。
彼らに声をかける感じで進めていくプレゼンテーションはとても楽しかったです。

———————
会場の様子です。
今回は仙台ということもあり、東京や京都の大都市ではないので、集客も苦労しそうだなあと思っていましたが、
予想以上に多くの人に来ていただき、感謝しています。

———————
Red Bullガールも来てくれました。

セッションの資料で公開していただけるものは近々公開しますので、
また準備でき次第告知いたします。

インスタレーションについてはまたあとでまとめていきます。

タイムテーブル公開! | dotFes 2012 仙台

dotFes実行委員会です。

お待たせしました。当日のタイムテーブルをサイト上にて公開いたしました。

[プログラム | dotFes 2012 仙台]
http://www.dotfes.jp/2012sendai/program/

今回のdotFesは、トークセッションとインスタレーション・展示を一つの空間で行います。

トークセッションの合間合間にちょっと長めの休憩を入れ、その間に来場していただいた方々にインスタレーション・展示ブースで色々遊んでもらおう!という趣旨です。

出展していただく企業・団体の皆様やスピーカーの方々も会場内をウロウロしていると思うので、是非積極的に声をかけて、コミュニケーションを取ってみてください。

チケットはサイト上よりまだ購入可能です。

ただし、銀行振込/クレジットカード払い共に、お申し込みの〆切が早めに設定されておりますので、「参加!」という方でまだお申し込み手続きをされていない方は、お早めのご購入をお願いします。

[お申し込み | dotFes 2012 仙台]
http://www.dotfes.jp/2012sendai/ticket/

Web DesigningもdotFes仕様!

先日発売された「Web Designing 2012年10月号」、表紙がdotFesのメインビジュアルになっています。

昨年の京都同様、トークセッションのスピーカー情報やインスタレーション・展示の出展者情報などがまとめて掲載されています。

是非ご覧ください!

[Web Designing]
http://book.mynavi.jp/wd/